見出し画像

5分で解説!マネジメントの常識を覆す「ティール組織」って?

HR界隈で活躍する方々にとって、人の集合体である「組織」も関心のある方は多いのではないかと思います。自分の所属する組織において、どんな組織論を当てはめるべきかは、難しいテーマだなと感じます。

組織論の中でも、2018年に出版された「ティール組織」は、知りえる限り圧倒的に秀逸(ある意味異端児…)で、私も出版直後に拝読しましたが驚きの連続でした!

本編だけで500ページを超える超大作なのですが、5分で読める量にまとめさせていただきます!ざっと理解するうえで、参考にしていただければと思います。

※購入いただいてもジョブクルの収益にはなりません(笑)

ティール組織の趣旨

本書は、パイオニア企業の事例を通じて、次世代の発展を支えるといわれる、ティール(進化型)組織とはどのような組織体、考え方、業務プロセス、採用プロセス、評価システム等を有した組織であるのかを考察したものです!

ティール組織の要素として、今回はティール組織の前提にあるものと、3つの要素といわれる「自主経営」「全体性」「存在目的」の詳細を中心にまとめさせていただきます。

【前提】パラダイムの背景にあるもの

ティール組織が生まれた背景には、下記の3つ社会的な変化があるといわれています!

①ゼロ成長、循環型経済
石油や天然ガスなど現代社会を支えている資源はどこかで枯渇を迎えます。人類は100%再生可能な循環型経済に近い状態で生活することを求められるでしょう。ゼロ成長社会では、現在の大量消費を「節操がない」という目で見ることになります。

②私たちの知っている仕事の終焉
人類は今や知的労働や創造活動についても、先端ロボットや人工知能による代替が進もうとしています。人類史上初めて、誰もが自分の使命感に従って、創造的に自己表現する人生を選べる時代が到来する可能性があります。

③精神的な多幸感の再現
ティール社会を生きる人々は、宗教上の教義にも、現在の物質的見方にも満足をしていません。個人的な経験と観光を通じて、宗教感の統合と現代の物質的なものの見方を変えていくでしょう。

【詳細】ティール組織を構成する3つの要素

①自主経営
誰もが強い権限を持ち、権限移譲が必要ないという組織構造や行動様式を設計することです。自主経営を支えるシステムが下記の3つです。

1)助言プロセス :ある問題について影響を受ける人や、専門知識を持った人の助言を受けている限り、組織の誰もがその問題についてどのような意思決定もできる。
2)紛争解決メカニズム:同僚間に意見の不一致がある場合に上司の介入はなく、紛争は原則として当事者間で解決すべき問題であり、必要に応じて教育と一時的ファシリテートを行う。
3)ピアベース評価 :社員の評価は相互の話し合いによって決まる。給与についても同様であり、まずは希望の額を提示してもらい、多面的な評価によって上下させる。

②全体性
組織に仮面をつけることなく参加し、個人の可能性や創造性を組織のエネルギーに転換することです。全体性を担保する3つのシステムが下記です。

1)安全な空間を作る :ありのままの自分をさらけ出すことが安全だと感じてもらう必要がある。大切にする価値観、受け入れられない考え方を定め、メンテナンスも任せる。
2)職務の定義をしない:あえて役割を明文化することや、職務記述書を作ることをしない。それぞれが何者かを各自が考えられる状態を維持する仕組みを作る。
3)オンバーディング :新規メンバーが歓迎されていると感じ、職場がどのような価値観のもと動いているのかを知ってもらう研修やワークフローを設計する必要がある。

③存在目的
エゴを抑え、組織がなすべきことに耳を傾け、それを実行することに情熱を注ぎこむことです。下記2つが代表的なシステムです。

1)採用プロセス :組織の存在目的が自分の使命感や希望とどう共鳴するのかを深く探る。候補者が入社前であっても、組織がどこへ向かうべきか述べられるのが望ましい。
2)誰も座らない椅子 :誰も座らない椅子を、会議室に一つ用意しておく。参加者は一人がその椅子に会議中時折座り、組織の存在目的を代表するものとして意見を述べる。

まとめ

いかがだったでしょうか?そのような性善説がまかり通るのか。そんな夢のような組織がこの世に存在するのかと感じる部分も多いのではないかと思います!概念そのものよりも、それをどのように現実にあてはめるのかが難しい組織体とも感じましたので、私も試行錯誤しながら、導入できる部分を探ってみたいと思います!

わたしもスキです♡
2
ジョブクルタイムズでは採用担当者の方向けに採用ハウツーや転職市場に関する役立つ情報を発信してまいります! また、法人向けのオンライン型転職エージェント「ジョブクル転職」の活用方法もお伝えします!ジョブクル転職の詳細はこちら!https://jobkul.com/lp/direct
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。